鋼材寸法の考え方

鋼材類の実際に流通しているサイズを知っておくことも、製作をイメージする時に役立ちます。

例えば、山形鋼(アングル)∠5t×50でのご依頼をよくいただくのですが、通常、市中には流通しておりません。

このため、コストや納期の観点から、一般的に流通している∠6t×50 or ∠4t×50 を使用して、製作を進めていくことを基本としております。

「鋼材寸法の考え方」に関連する記事

ページトップに戻る