塗装品の吊穴設定のポイント

プレートに塗装する場合、吊穴が必要となってきます。BOXのプレートのようにビス穴などが孔いているものはいいのですが、全く穴のないものは塗装し難づらく、支障のない範囲で吊穴が必要です。穴なしでも塗装は可能ですが、片面に細かい傷が残る場合があります。
吊穴にワイヤーを通し、製品を空中に吊り上げながら製品の両面の塗装をします。この工法によって塗装工程の時間を半減させることができ、作業時間の短縮により、部品のトータルコストを抑えることも可能となります。この方法は、一部の表面処理においても使用される方法で、特殊な冶具を用意するところを吊穴によって代用します。その分の加工費を抑えつつ、スムーズな表面処理を可能にします。
穴のある製品であれば、その穴にワイヤーを通しますが、穴のない製品につきましては、製品の性能を損なわない範囲で塗装用の穴を開ければ、コストダウンや時間短縮になります。

ページトップに戻る