ドブ材の活用!

鋼材加工・溶接後に溶融亜鉛メッキをすることがベストですが、工程がワンクッション増えるので、納期が掛かってしまいます。
そこで、単体やタップ溶接程度のものであれば、あらかじめ溶融亜鉛メッキが施されているドブ材を加工するのも一手です。

切断・穴あけ箇所にローバル補修が必要ですが、溶融亜鉛メッキと同等の耐食性は確保できます。
既成品のドブ材は、ラインナップが限られています。膜厚はおよそHDZ35です。

ページトップに戻る