タップ加工・留めビスについて

例えば、既製品も含めて、プルボックスのプレートは、

M5のビス・小ねじで留め付けられているのが殆んどですが

適正な強度を得るには、板厚が関係してきます。

 

プレートの留め付け程度であれば、問題ありませんが、

落下の心配が有る場合などでは、

M4・M5のビスを使用するには、2.3t以上あるのが理想です。

 

多様な現場状況において、板厚が確保できない

場面では、細目(ネジピッチの細かい)ビスを採用するなどの

対応もご提案できると思いますので。

ご相談ください。

ページトップに戻る