設備工事業者様向け向け特注H鋼架台の設計製作

H鋼架台が必要な状況

H鋼とはH形鋼のことで、Hの字に似た断面を持った形鋼です。
平行する各々の2辺が等厚であり、辺の内面の傾斜はなく、
細幅・中幅・広幅といった種類が存在します。
土木工事や建築、機械製品といった幅広い分野で使用される汎用性の高い鋼材です。
SS材のため最終的には塗装による表面処理がなされることが多く、
特に屋外用の架台ではドブ漬けにより耐食性を向上させます。
広く流通している鋼材になりますので、比較的安価であり、
また入手も容易ですので、短納期での対応にも適しております。


特注のH鋼架台とは?

H鋼架台を制作するに当たり、連結部分は、ガセットプレートを溶接してボルト留め仕様にするのが一般的です。
高強度ボルトで組み上げれば、耐力も問題有りませんし、搬送・搬入もコンパクトになり、コストも抑えられます。
しかし溶接個所が多くなる場合や、長尺の場合には溶融亜鉛メッキ処理の際の歪みに気を付ける必要があります。
熱影響により引き起こされる歪みは設計の段階で歪みを考慮した寸法や形状にしておく必要があり、
歪みの予測には経験やノウハウが必要になります。

電設資材・金物製作.comで製作可能な特注ステンレス架台

当社では電気工事・設備工事業者様向けの特注H鋼架台を設計製作いたしております。
製品製造に特化した協力メーカーを多数有している他、自社内でも内製が可能です。
さらに、お客様の施工現場を現地調査の上、施工箇所に最適な製品を設計・提案も行っておりますので、
どういった製品が最適なのかがご不明であっても設計から製品製作まで承っております。
公的施設に使用されるような国交省仕様の製品の設計製作のような実績もあり、
しっかりとした強度計算、および加工や塗装ができる体制が整っておりますので、
もしお困りのことがあればぜひお問い合わせください!

「設備工事業者様向け向け特注H鋼架台の設計製作」に関連する記事

ページトップに戻る