曲げ加工活用のポイント

ピット蓋(縞板)等の補強ですが、アングル補強を入れるよりも曲加工を施すことで、十分な強度を得られ、溶接する工程を省き、精度の高い加工品に仕上げられます。
アングル補強とは、アングル金具などをピット蓋に溶接することによって蓋の固定の強度を補強することです。
このアングル補強は確かに強度を増加させることができるのですが、アングル金具を製品に溶接する過程を経なければなりません。したがって、その分コスト面においてもパフォーマンスが悪くなってしまいます。
一方の曲げ加工では、確かにアングル補強と比べて強度の点においては落ちてしまうものの、コスト面、精度においてはアングル補強に勝っており、要求されるスペックに対して十分な強度があるならば、曲げ加工で対応する方が良いです。
私たちはお客様の本当にしてほしいことは何かという視点で考えています。

ページトップに戻る