クロムメッキ

●”クロムメッキ”とは?

クロムメッキは無水クロム酸(CrO₃)を主成分とした成膜技術です。その中でクロムメッキは、一般的に硬質クロムメッキ(工業用クロムメッキ)とニッケルクロムメッキ(装飾クロムメッキ)に分類され、用途によって使い分けられます。

硬質クロムメッキは析出する皮膜はクロムのみで構成されており、特性として非常に硬く、耐摩耗性にも優れています。

ニッケルクロムメッキは被メッキ材にニッケルメッキを施し、その上から薄いクロムメッキを施すもので、耐食性に優れており、外観が非常に美しく仕上がることから装飾としても用いられます。

 

 

●使用シーン

硬質クロムメッキはその耐摩耗性を生かし、シリンダーやローラー・金型などに利用されることが多く、一方のニッケルクロムメッキはその外観の美しさを生かし、水道蛇口や耐食性を求められる機械部品に利用されます。

 

 

●長所

高硬度であり摩擦係数が低く、結果として耐摩擦性に優れています。またニッケルクロムメッキ加工を施すことにより、外観が美しい金属光沢を放ち装飾としての役割を果たすことも出来ます。またほとんどの金属材料に使用が可能であることも特徴です。

 

 

●短所

硬質クロムメッキは水素脆性により、被メッキ材の強度が低下する恐れがあります。

 

 

●比較されるもの

代替されるものとしてスズコバルトメッキがあります。クロムメッキよりも若干青味がかっており、耐摩耗性は劣るもののその他の面では遜色なく、量産可能である点で勝っています。

ページトップに戻る