電気亜鉛メッキ

●”電気亜鉛メッキ”とは?

”電気亜鉛メッキ”は被メッキ材となる鉄素地を亜鉛メッキ液に浸し、電解処理を行うことでメッキ被膜を生成する成膜技術です。亜鉛皮膜そのものが腐食することで鉄の腐食を防ぐことが出来ますが、これにクロメート処理を加えたものが一般的には流通しています。いわゆる「トタン」であり、様々な場面で利用されてます。

 

 

●使用シーン

トタン材として使用されており、建築金物や自動車部品等で世界中のありとあらゆるところで使用されています。

 

 

●長所

メッキ処理が非常に容易であることから、安価で量産が可能です。また亜鉛そのものが腐食することによって鉄の腐食を防止する犠牲防食作用によって、長期間の防錆性を維持することが出来、仮にメッキが傷ついても自己修復することが可能です。

 

 

●短所

防錆メッキとしては優秀ではあるものの、めっきしたままの状態では比較的変色、腐食しやすいため亜鉛皮膜が錆びると、俗に「白錆び」が生じます。また膜厚が均等ではないため、メッキ後にネジが入りにくくなったり、クリアランスの狂いが生じるといったデメリットがあります。

 

 

●比較されるもの

同じ亜鉛メッキのユニクロメッキ・クロメートメッキ・黒クロメートメッキと比較して、電気亜鉛メッキは白錆びが発生してしまう弱点がありますが、前者3種はこれをクロメート処理によって克服しており、電気亜鉛メッキ単体で使用されることは稀です。

ページトップに戻る