SS鋼

SS材(SS鋼)は、Steel Structureの略称で、正式名称は一般構造用圧延鋼材です。

SS材は不良品が少なく、不留まりがよいことから、合理性と利便性を追及する建築現場や土木作業現場に使用されている鋼材になります。

詳細:

SS材は、鋼材に含まれる炭素の量が、0.15~0.2%の低炭素の軟鋼で、含有不純物は、リン(P)と硫黄(S)の含有量を0.05%以内と決めている他は、明確な基準はありません。引っ張りの強さや、降伏度に重点を置いている鋼材ですので、熱処理を施すよりそのまま使うことからナマ材という別名もあります。

SS材(SS鋼)を使用した製作実績を以下で紹介しておりますので、是非こちらもご覧ください。

ページトップに戻る